活動背景

 周りを海で囲まれた日本という国は、これまで独特の文化や価値観、ビジネス社会を形成してきました。その中では、世界でも活躍できる職人芸やオリジナルの文化など、世界に通用する秀でたものが多数存在します。しかしながら、近年のIT化やグローバル化に伴い国境の垣根を失いつつある世界では、これまでの日本的な教育、英語教育だけで培ってきた価値観や考え方では、世の中で活躍する人材を育成することが困難となってきております。

 そのような中で、我々は2013年から沖縄県や北海道で、日本全国から世界中の子どもたちや若者を対象とした国際交流キャンプを開催してきました。本キャンプでは、世界中からキャンプリーダーとなる若者と、日本や世界中からキャンプに参加する子どもたちを集め、「沖縄」「北海道」という自然豊かな環境で約1週間、英語を学びながら、大自然を体感するキャンプを実施しました。我々が主催するキャンプでは、英語を学ぶことを最終目的とするのではなく、英語を一つのツールと捉え、英語を通して、他国の人々の価値観や考え、文化を学ぶことを目的としています。キャンプ中は、先生と生徒という立場を分けるのではなく、子ども達とキャンプリーダーという、共に助け合いながら生活をしていくグループを作り、自らが考え、自発的に学びたくなるような教育を実践しております。

次ページ 活動の趣旨